日本橋浜町の歯医者・歯科

〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町 2-11-2 日本橋中央ビル2階
「人形町駅」A3・A4・A5出口・「浜町駅」A1出口より徒歩3分
「水天宮前駅」7番出口徒歩8分

診療時間
08:00~13:30
14:30~19:00 × × ×

休診日:土曜・日曜・祝日 午後

お電話でのご予約・お問い合わせはこちらへ

03-3664-8556

アマルガム除去の詳細

アマルガムの危険性

有害とみなされているのは、アマルガムの約50%を占める『水銀』です。

水銀には有機水銀と無機水銀があり、水俣病の原因になったのは有機水銀(メチル水銀)、歯科で使うのは無機水銀です。

この無機水銀は他の金属と混ざり合ったアマルガムの状態では非常に安定しているのですが、わずかな刺激で気化してしまい「蒸気水銀」となった段階で有害物質になります。詰まっているところを舌で触っただけで蒸気水銀が口の中に舞います。この蒸気水銀が体内に入ると、全身に運ばれ、特に腎臓、肝臓、脳などに蓄積されていきます。また体の細胞が生まれ変わるときなどに必要な亜鉛の代謝を阻害してしまうなどさまざまな実害が生じる可能性があります。

その為、アマルガムを規制する動きが各国で進んでおり、1987年にスウェーデン政府が妊婦にアマルガムの詰め物をしないよう警告を発表し、1998年にはイギリスでも同様の発表がされ、スウェーデン、イギリスでは使用禁止になりました。米国では、アマルガム関連の訴訟が増えているのが実情です。

日本ではアマルガム治療は20164月の歯科診療報酬改定で、保険治療から外されました。

 

■アマルガムが引き起こす身体への影響

 

歯科金属が金属イオンとして唾液中に溶解すると同時に、電子を放出し口腔内電流(マイクロガルバニー電流)が発生します。

口腔内電流(マイクロガルバニー電流)は自律神経(交感神経・副交感神経)を乱し脳活動を混乱させたり、頭痛や関節痛を増悪させたりします。 また、身体の疲れや不眠なども引き起こし、老化につながります。

私たちの周りには、スマートフォンや家電、高圧電線から発せられる電波や電磁波に満ちています。口腔内の歯科金属は、アンテナの役割を果たしてそれらの電磁波を集積し、身体に電磁波過敏症などの電磁波障害を起こします。また、電磁波は歯に詰められたアマルガムから水銀を放出させるという報告もあります。

 

水銀使用撤廃への動き

 

現在、あらゆる医療から水銀使用の撤廃への動きがあり、対象は、体温計、ワクチン、消毒剤も含まれています。

それほど、水銀は有害な金属であるため、口腔内のアマルガムを除去されることをお勧め致します。

 

検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布も予約可能です

03-3664-8556

診療時間

 
午前
午後 × × ×

午前:08:00~13:30
午後:14:30~19:00
休診日:土曜・日曜・祝日午後

03-3664-8556

〒103-0007
東京都中央区日本橋浜町 2-11-2 日本橋中央ビル2階
「人形町駅」A3・A4・A5出口より徒歩3分
「浜町駅」A1出口徒歩3分
「水天宮前駅」7番出口徒歩8分